オーストラリアの小学校の制服費用は?安く買う方法

Sponsored Links

 

 

日本の小学校は基本私服登校ですよね。

体操服はありますが、公立の小学校では制服はないのが一般的。

 

オーストラリアの小学校は、

公立、カトリック、私立すべて制服があります。

 

小学校留学の場合でも制服は購入することになっているので

いったいいくらくらいするのか、

これからオーストラリアの小学校に子供を通わせることを考えている方は

興味があるかもしれませんので

今日は、オーストラリアの公立小学校の制服事情についてです。

 

オーストラリアの小学校で制服を安く買う方法についても

これからキンダーガーテン入学される方はぜひ参考にしてください。

 

Sponsored Links

 

オーストラリアの公立小学校の制服はどんな感じ?

小学校、制服、海外

 

学校によって、制服のデザインはまちまちですが、

 

基本的には、

  • ボタンシャツまたはポロシャツ(半袖・長袖)
  • 男の子は半ズボン、冬は長ズボン
  • 女の子はキュロットや長ズボン
  • 女の子はワンピース(夏・冬用)
  • スポーツユニフォーム(夏・冬用)
  • ジャンパー
  • 帽子
  • 学校指定リュック
  • ライブラリーバッグ
  • 靴下
  • 冬用ジャケット
  • 手袋
  • ヘアアクセサリー

 

といった感じです。

 

スクールカラーが指定されていて、

  • 赤・エンジ
  • 黄色

 

などヘアアクセサリーの色は指定されています。

 

 

オーストラリアの公立小学校の制服の費用の目安は?

各学校で値段は異なりますが、

 

  • ポロシャツ 20ドル
  • ズボン・キュロット 20ドル
  • ジャンパー 30ドル
  • 夏用ワンピース 45ドル
  • 冬用ワンピース 50ドル
  • スポーツユニフォームのシャツ 20ドル
  • スポーツユニフォームのズボン(男女共用) 20ドル
  • 靴下 5足 20ドル
  • 帽子 15ドル
  • 冬用ジャンパー 40ドル
  • 学校指定リュック 50ドル

 

がおよその費用です。

 

 

男の子は、ワンピースがないので女の子に比べて安く揃います。

女の子は、キュロット派の子もいれば、ワンピース派の子もいて、

ワンピースは夏と冬用に分かれているので

すべてそろえると男の子より費用はかかります。

 

女の子は、

ワンピースでもキュロットでもどちらでも好きなほうを着ればOKです。

 

スカートは嫌だという女の子もいるので

ズボンもあるし、

選択の自由があるのはいいですね。

 

 

夏・冬服は、

決まってはいるけど冬でも半袖半ズボンの子もいるし、

夏でも冬のワンピースを着ている子もいるし、

日本のように何月何日からは夏服!!と厳密に決まっていません。

 

 

オーストラリアの公立小学校の制服を安く買う方法

だいたいどこの小学校でも、

ユニフォームショップがあり、

そこでユニフォーム=制服を買います。

 

ユニフォームショップには、

Second hand、またはUSEDなどいわゆるお古の制服が売っています。

 

必要なくなった制服をユニフォームショップに寄付する形なので

ユニフォームショップはそれを安く販売しています。

 

中古の制服の値段は学校によってさまざまだと思いますので参考に。

新品は20ドルするシャツやズボンも5ドル程度、

40ドルするジャンパーも10ドル、

女の子のワンピース50ドルが10ドルと破格です。

 

キンダーガーテン入学時には、

最低限のものだけ新品を買って、

洗い替え用に中古の制服を買うのありです。

 

中古といっても

明らかに着古したものもあれば、

旧デザインや、縫製不良、タグがないなどで

ほぼ新品のものが中古品価格で出ていることがあります。

 

微妙にデザインが変わったときなど

前のデザインのものが新品なのに中古として出ていたことがあって

とてもお得な買い物ができたときもありました。

 

あとは、男の子はすぐに汚すので

新品のシャツ20ドルを3枚買って60ドル払うより

中古でキレイ目なシャツを5ドルを3枚買っても15ドルだからと

男の子のお母さんたちは中古品でもあまり気にしない話もよく聞きます。

 

うちにも息子がいますが、

確かに1か月もすれば中古か新品か区別つかなくなりますね…。

 

 

きれいなものは中古でもかなりきれいなので

ちょこちょこ見てみると

お得な買い物ができるかもしれませんよ。

 

第一子の息子がキンダーガーテン入学したときは

全部新品でそろえましたが、

2人目の娘のときはSecond handでも新品の型落ちワンピースを

何枚か買ったり、上手に節約できました。

 

 

キンダーガーテン入学の際はサイズ6を買うと長く使える!

キンダーガーテン入学するときは、

4~6歳のお子さんがほとんどですが、

制服のサイズ選びに悩むかもしれません。

 

オーストラリアの公立小学校の制服は、

  • サイズ4
  • サイズ6(Year1~2)
  • サイズ8(Year2~3)
  • サイズ10(Year3~5)
  • サイズ12(Year5~6)

 

とあります。

 

数字は年齢です。

 

キンダーガーテン入学時は、サイズ4がちょうどいい気がするのですが

あっという間に大きくなって

翌年のYear1では着れないことがほとんど。

 

ですので、

かなり大きめのような気がしますが

サイズ6でそろえておくといいですよ。

小学校2年生くらいまで、小さめの子なら3年生まで着られるかもです。

 

Year4の息子ですが

背が高いほうにも拘わらず

いまだにサイズ6のシャツもズボンもなんとか着れるので

制服の買い替えは3年生か4年生にサイズ10でそろえなおしでYear6までいけそうです。

 

 

どうしてもサイズ6ではワンピースが長すぎる…という場合は

サイズ4を中古で買ってみるのもいいかもです。

1年しか着れなくてももったいなくないお値段なので。

 

 

 

 

まとめ

オーストラリアに日本から留学されて

子供3人同時に入学する場合など

一気に新品でそろえると高くなりますが、

中古品も売っているようであれば意外に掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

中古だと半額以下どころではなく

4分の1くらいの値段だったりするので

見てみる価値はありますよ。

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す