オーストラリアで水疱瘡(Chicken pox)になったら?薬ある?

Sponsored Links

生後4か月だった娘が日本で水疱瘡に感染し、オーストラリア帰国後に発症したときのケース。

水疱瘡は英語でChicken poxです。

水疱瘡の予防接種はオーストラリアでは必須なのですが、

生後18か月でのMeasles, mumps, rubella and varicella (chickenpox) (MMRV)なんです。

生後4か月の子供は当然未接種。

 

すでにチキンポックスの予防接種を受けていた長女が日本滞在中にかかり、

オーストラリアに帰国直後に息子が発症。

娘は湿疹も水疱まではいかない赤い発疹でしたが、

息子は、予防接種を受けていたにもかかわらず、結構水疱できました。

かゆがりかたも激しく。

 

未接種の当時4か月の娘に移ったらどうしよう??

重症化したら??と不安に思っていると案の定移りました…。

 

そのときのオーストラリアのGP(一般医)の対応もなかなかびっくり!

薬はもらえませんよ~!!

 

Sponsored Links

 

オーストラリアの水疱瘡(Chicken pox)の治療は?

日本で幼稚園に通ういとこから水疱瘡を移された長女は、

18か月で予防接種を受けてから期間が空いてないので抗体が強かったのか

ぽつぽつおなかに赤い発疹だけでもしかしたら水疱瘡?疑惑でした。

 

そのあと息子が水をもった湿疹ができ、

もうみるからに水疱瘡!!というぷくっとみずぶくれのような発疹があちこちにできました。

どんどんつぶれてかさぶたになっていきましたが、

病院に連れていくとChicken poxです!と。

 

おそろおそる赤ちゃんにも移る可能性は高いですか?と聞くと、

兄弟間では90%以上の確率で移りますね!とGP。

これは、覚悟しなくてはと潜伏期間がすぎるのをじっと待つと。

 

眉間にぽつっと赤い発疹が!!

まさか!!と思っているとあっという間に

水疱が広がり、全身が水疱だらけ!!

頭の髪の毛の中にも、おしりにも、首にも、目のきわにも。

一番ひどかったのはおしり。

水疱がつらなってぼこぼこになり、かゆいのか機嫌が悪くて。

 

小さい子は重症化しやすいと聞いていたので

あわててGPへ連れていくと…

GPは、Chicken poxの薬はありません!!

かゆさを和らげる塗り薬だけ。

しかも、真っ黄色の液体を塗るので、体が真っ黄色になり、

服も、カーペットも真っ黄色というとんでもない事態になったという。

 

日本では、いとこは水疱瘡で病院にいくと

症状を軽くする薬をもらって飲んでいたので

てっきりオーストラリアにもあると思ったら…

 

Chicken poxでGPにいってもオーストラリアでは薬はもらえません。

 

だからといってGPに行かなくてはいいかというと

やっぱり自分では重症化しているなどはわからないので

経過を見てもらうのは大事だと思います。

 

 

水疱瘡の痕ってやっぱり残るの??

残りました!!

全部ではないけど、特に大きめの水疱ができたところは

皮膚がぼこっとなり3年たってもはっきりと痕が残ってます。

 

水疱瘡はあとが残るよ~って言いますもんね。

本当でした。

 

やっぱり予防接種は大切!

予防接種にはいろんな意見があり、

オーストラリアでも未接種児の問題があります。

 

つい先日も、

生後2,4,6か月で予防接種すべき髄膜炎の予防接種が未接種だった幼児から

髄膜炎が母へと移り、母親が亡くなるというニュースが出ていました。

 

今回、チキンポックスの予防接種を受けていた上2人は比較的軽くすみ、

未接種の娘は壮絶だったので、

予防接種の効果を目の当たりにしました。

 

う~ん、やっぱり予防接種は大切だと思う。

重症化するときが怖い。

 

 

まとめ

実は、オーストラリアで水疱瘡ってあんまり聞きません。

日本で感染したのですが、日本は夏ごろ結構流行るんでしょうかね。

 

水疱瘡が1歳半の定期予防接種リストに入っているので

オーストラリアでの流行は抑えられているのかなと思いました。

 

もし、オーストラリアで水疱瘡を発症しても薬はもらえないので

1歳半まではなるべく水疱瘡にかからないようにお気を付けください。

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す