日本生まれの子供のオーストラリア市民権取得後豪パスポート申請体験談

Sponsored Links

日本生まれの息子は2歳でオーストラリアに移住。

2016年に夫がオーストラリア市民権を取得するときに

息子も一緒に申請に2人一緒にオーストラリア国籍を取得しました。

 

オーストラリアの永住権の夫婦の下で日本で出産をすると

オーストラリア国籍はもらえないんですよね。

これが、永住権の夫婦でもオーストラリアで出産すれば

オーストラリア国籍がもらえるんですが。

 

これは、スパウスビザの担当オフィサーに

妊娠した際に、連絡をしたときに

もしも、オーストラリアで出産するなら

子供にオーストラリア国籍が授けられますよと言われましたが

仕事もしていたのでオーストラリアに戻って出産することもできず、

日本で生まれた息子には、

オーストラリア国籍はありませんでした。

 

私たち夫婦がオーストラリアに戻ってきた理由の1つに

子供にオーストラリア国籍という選択肢を作りたくて

夫にオーストラリアの市民権を取ってもらい

一緒に息子も申請することがありました。

 

なかなか夫は思いきれず

予定よりも長くかかりましたが、

 

2016年無事にオーストラリア国籍を取得し、

やっとオーストラリアのパスポートを申請することになりました。

 

しかし!!

オーストラリアで生まれていないので

出生証明書がない!!

 

ちょっとバタバタしました…。

もしかしたら同じような境遇の人の参考になるように

記録に残しておきます。

 

Sponsored Links

 

日本生まれの子供のオーストラリアパスポート申請に出生証明書が必要!

 

私には3人の子供がいますが、

下の2人はオーストラリアで生まれたので

オーストラリアの出生証明書があります。

 

これをオーストラリアのパスポート申請に利用するのですが、

日本で生まれた長男には

オーストラリアの出生証明書はない。

 

日本のパスポートで代用はできないんです。

 

となると、

出生証明書に変わる書類が必要です。

 

そこで考えられる選択肢は、

 

  • 日本の戸籍を英語に翻訳したもの
  • ほかの国の出生証明書を英語に翻訳したもの

 

 

日本の戸籍から出生証明書に代わる書類を作成する方法

日本の戸籍を英語に翻訳して、

【出生、婚姻等身分事項証明】を領事館に作ってもらうことができます。

申請から発行まで1週間、料金は、15ドルです。

 

申請に必要な書類は、

 

  • 申請日から3か月以内に発行された戸籍
  • 日本のパスポート

 

 

これが一番簡単な方法なんですが、

実家の両親にわざわざ市役所まで行ってもらい、

それをさらにオーストラリアに送ってもらうという手間を

かけるのが嫌だったので他の選択肢を考えることにしました。

 

 

息子は、マレーシアの国籍も持っているので

マレーシアの出生証明書があったんです。

マレー語ですけど。

 

それを英語に翻訳しようということになりました。

 

日本以外の国の出生証明書を英語に翻訳する方法

マレーシアの出生証明書を英語に翻訳するには、

どこかの機関で翻訳をすることになります。

 

インターネットで調べるといろいろ出てくるんですが、

公的な機関がいいだろうということで

【Service NSW】で翻訳を申し込むことにしました。

 

【Service NSW】とは、

今まで車関係のRTAで行っていた運転免許証の申請や更新、

出生証明書の申請など

部署が分かれていたサービスを1つのオフィスでできるように

作られた新しいサービスです。

 

  • 車のREGO
  • 出生証明書申請
  • 結婚証明書申請
  • 運転免許証交付
  • 外国語から英語への翻訳

 

など様々な手続きができるようになりました。

 

ここで

各種言語から英語への翻訳ができます。

 

Sevice NSWの翻訳サービス詳細

 

 

マレー語の出生証明書を英語に翻訳する費用は

$77でした。

 

かかった期間は2週間の予定ですが

3日ほど遅れて郵便で届きました。

 

日本の運転免許証の英語への翻訳もここでできます。

 

 

 

 

 

日本生まれの子供のオーストラリアパスポートの申請で面接2回失敗

日本生まれの子供がオーストラリアの市民権を取得し、

初めてのパスポートを申請するときに、必要な書類は、

 

  • オーストラリアパスポートの申請用紙(オンラインで印刷)
  • 出生証明書を英語に翻訳したもの
  • 日本のパスポート
  • パスポート写真
  • Citizenship Certificate(市民権取得の証明書)

 

念のため、

両親のパスポートを用意していきました。

 

しかし!!!

 

  • パスポートの写真の背景がだめ(ポストオフィスで撮ったのに)
  • パスポート写真の裏のサインがフルネームでない

 

ことを理由に2回インタビューでアウトでした。

 

来週3度目のインタビュー。

 

娘のときは、

 

  • 保証人のサインが1ミリほど枠からはみ出ている

 

ことが原因でインタビューをやり直しています。

 

 

 

思ったより順調にいかないパスポート申請です…。

 

 

 

保証人はしっかり選びましょう。笑

 

3回目の面接でやっと無事申請できました。

大人と子供でパスポート費用は417ドルでした。

高いなぁ…。

 

 

 

まとめ

オーストラリアのパスポート申請は、更新の際も

保証人が必要でまた同じ手順が必要です。

めんどくさい…。

 

次に日本に帰国した際には

戸籍を取得し、

シドニー領事館で出生証明書に代わる書類を作っておこうと思っています。

 

うちのような

旦那さんがオーストラリア人以外でオーストラリア以外での出産の場合

その国の出生証明書を使ってオーストラリアのパスポート申請の際には

我が家と同じようなケースになるかもしれませんね。

 

オーストラリアのパスポート申請は

書類の準備をぬかりなく~!!

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す