オーストラリア移住した後悔はある??

Sponsored Links

オーストラリアに移住して6年。

オーストラリアに移住しなきゃよかった!!という後悔はあるか?

今日はこのトピックについて掘り下げますよ!!

 

ハロー★さとみんです。

 

自分のしたいことはやってきた私。

オーストラリア移住に後悔はあるのか??

 

Sponsored Links

 

オーストラリア移住を後悔したことはあるか?

ないです。

 

あ、この記事終了?

 

本当にないんですよ。

オーストラリア移住しなきゃよかった!という後悔って。

 

そもそも私がオーストラリアに移住しようと思ったのは

”永住”するぞ!と決めてきたわけではないし、まだこの先わからないし。

 

でも、オーストラリアに来なければよかったという後悔はないです。

 

めでたく目標通り夫と息子はオーストラリアの市民権、つまり国籍を取得しました。

息子の住む国の選択肢が増えたことを考えると、

オーストラリアに来なければよかった!!とは思いません。

 

これから先、だんだんオーストラリア国籍の取得は難しくなるだろうし、

日本という国の将来に全くの不安がないわけでもない現在の状態で

1つでも多くの選択肢を作るということは悲願でもあります。

親として子供にできることは何でもしたい。

 

自分の決断にもし後悔するならば、

私はその決断を後悔しないためにベストを尽くす。

 

今日の自分が未来を変えるのだから

今日自分にできること、今の自分の変えられることをすべてして

その決断を後悔しないものにする。

 

あのとき、やっておけばよかった!っていう後悔は悔しい。

だって誰にも時間は巻き戻せないし、チャンスの神様には前髪しかないっていう。

 

でも、やったことに対して後悔するとき、

あ、いい勉強させてもらったなと思えばそれは後悔とは言わないんじゃないかな。

 

その瞬間、その瞬間に自分のベストだと思う決断をする。

そうして重ねた人生を後悔するんだろうか?

 

あのとき、オーストラリアに移住しない。

日本で永住するという決断をしていたら、

逆に私は後悔したかもしれない。

だって、それはそこにあった安定や変化を恐れる気持ちを優先したものだったから。

 

あのとき心の中で私は、オーストラリアでの子育てや

子供がバイリンガルに育つ未来にわくわくしていた自分を抑えられなかったから

夫を説得してオーストラリアに移住する道を選んだ。

 

人生は楽しんだもの勝ちだから、

やってみたいならやるしかない。

やってみないとわからないこと、開けない道がある。

 

人は永遠には生きられない。

だからこそ思いっきり生きたい。

貪欲に楽しみたい。

 

オーストラリアに来て、

こんなにたくさんの経験ができて、

子供たちに2つの母国を与えることができて、

自分の人生がこんなに濃いものになって、

私はオーストラリアに移住したことを後悔していない。

 

もしかしたら、自分の気づかない心のどこかで1ミリくらい後悔はあるのかもしれない。

でも…

たとえ、もし後悔したとしても、

もう前に進むしかない。

人生は前にしか進めない。

 

だから、今自分にできる家族のためのベストを尽くすしかないんだよね。

でも、やっぱり子供たちにオーストラリアに来なきゃよかった!!って思うよりも

オーストラリアで育つ経験をさせてあげられたことを幸せに思っているっていう気持ちの方が多いかな。

 

オーストラリア移住を迷っている人へ

私はあなたのその迷いがとてもよくわかります。

迷って迷って、毎日、心が揺れるその気持ちがよくわかります。

 

私は紙に、オーストラリア移住の長所・短所

日本に暮らす長所・短所を書き出しては考え、迷い、

また書き直し、いろんな人に相談しました。

 

でも、誰にも私の答えはわからなかった。

 

私自身の中にしかその答えがないのだから。

 

そして、恐ろしいことに実際にやってみないと

”答え”って出ないんですよ。

 

やる前にいろいろシュミレーションしたり、

想定外の出来事を想像したりするけど

それは結局、空想上のものでしかなくて

実際にオーストラリアに移住してどんな人に出会うか、

子供がどんな風に育つかなんてわからないんです。

 

私もオーストラリアに移住する前は

「英語、英語」っていうけど本当に英語ってそんなに必要なの?

英語のバイリンガルだから成功するってわけじゃないよね?

なんて思う瞬間もありました。

 

でも、実際にオーストラリアに来て、

日本から小学校留学する親子の多さを見たときに

やっぱり”英語”って”子供に英語を話せるようになってほしい”って願う親が

こんなにいるんだ!とびっくりしました。

 

英語が話せてよかったと思うことはあっても、

英語が話せてよくなかったと思うことはないはず。

 

だから、子供たちもオーストラリアで育ったことを

”よくない”とは思わないだろうと思うんです。

 

子連れでオーストラリア移住したとき、

私はこの決断がわが子の人生を豊かにすると信じて移住を決断しました。

そして、それは間違っていなかったと思います。

 

英語が話せるようになっただけじゃない。

日本語と英語のバイリンガルに育っただけじゃない。

 

オーストラリアで育つという経験、

オーストラリアで子育てするという経験は

私たちに親子に大きな大きな財産を与えてくれました。

 

”自分”を大切に生きること。

 

誰かのためじゃなく、自分のために生きること。

自分のために時にはNOという強さ。

誰かの望む自分じゃなく、ただ”自分”で生きること。

 

私も子供たちもそれが許される、それが求められるオーストラリアで

時間を過ごせたことは最高に幸せなことです。

そして、それは私がオーストラリア移住を迷っているときには

考えもしなかったものでした。

 

やってみないとわからないんです。

なんて無責任な響き!!

でも、本当にそうなんですよね。

私の経験はあなたの経験ではないから、

私の経験談では参考にならないかもしれません。

 

あなた自身の目で見て、あなた自身で経験するしか

その迷いの答えがでないんです。

 

もしも、もしも間違ったら

またその道を戻ればいい。

 

人間いつだってやり直しができる。

生きている限り何度でもやり直しができます。

 

私は、オーストラリア移住するとき、

もしも間違えた!と思えば日本に戻ればいい。

そう思うようにしました。

 

もうこれが最後の道。

なんて思ったら怖くて生きていけません。

 

いつだってやり直しできる。

道は1つじゃない。

 

だから迷うならやってみてもいいんじゃない??

 

オーストラリア移住に後悔するひとは

きっとこの世界に何人かはいるでしょう。

でも、きっとその人たちは”後悔”する決断をほかにもしているんじゃないかな。

たとえ、昼のランチメニューだってあっちにすればよかったって後悔する人はいる。

 

本当の後悔はやってからしまった!!と思うものじゃなく

やる前から怖くてあきらめたとか、不安でできなかったとか

やらなかった後悔なんじゃないのかな?と私は思います。

 

やった後でしまった!!と思うのは学びです。

人生の大切な学び。

そこから学んでまたやり直せばいい。

 

オーストラリアで子育てしているとこのフレーズによく出会います。

 

 

People do make mistakes.

It’s OK to make a mistake.

We learn from our mistakes.

 

ひとは間違いをおかすもの。

間違えていいんだよ。

わたしたちはみな間違いから学ぶものだから。

 

これ、私の5歳の娘がよく言います。

 

本当にそう。

間違いをおかすのを恐れて行動できなくなるなら

そこに成長はないよね。

 

でも、間違いを恐れずに前に進んだ結果、

間違えてしまったとしたらそこから学べばいい。

それが前に進むっていう意味だと私は思う。

 

もしも、あなたが迷うならどうか勇気を出してほしい。

あなたらしい人生を歩む勇気を。

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す