ビビッドシドニー(オペラハウス)のおすすめ観覧場所&服装・持ち物

Sponsored Links

 

シドニーの冬のイベント、

ビビッドシドニー(VIVID SYDNEY)

約3週間ほどのイベントです。

 

5月下旬~6月上旬にシドニーに旅行に来る方は

ぜひビビッドシドニーを楽しんでくださいね!

 

今年も子連れでビビッドシドニーに行きましたが

自分や子供の服装、

持っていくべき持ち物、

おすすめの観覧場所などご紹介します!

 

この記事の写真はすべて私がビビッドシドニーで撮ってきました。

お楽しみください♪

 

Sponsored Links

 

シドニーの冬の観光!ビビッドシドニーの開催期間&ライトアップ時間は?

2018年は、5月25日~6月16日までの開催です。

ライトアップの時間は、18時~23時まで

金曜&土曜夜は 20時に花火があります。

 

 

ビビッドシドニーの開催地は?

 

  • サーキュラーキーのオペラハウス周辺
  • ハーバーブリッジ
  • ダーリングハーバー周辺
  • タロンガ動物園
  • キングスクロス
  • チャッツウッド駅前

 

など43か所でライトアップしています。

 

 

今年で10年目のビビッドシドニー。

初めの頃は、オペラハウス周辺だけ、

そしてダーリングハーバー周辺とだんだん規模が大きくなってきました。

 

シドニー在住の方は、

いろいろなビビッドシドニーを楽しめますが

旅行でビビッドシドニーに行くなら、

メインはオペラハウス周辺が一番ライトアップに力がはいっているので

おすすめ。

 

サーキュラーキーのホテル、オフィスなども

光のショーが楽しめますよ。

 

 

ビビッドシドニー(オペラハウス)へのアクセスは?

 

バス、電車でサーキュラーキー(Cercular Quay)駅で下車するのが

一番近道ですが、

タウンホール(Town Hall)駅ウィンヤード(Wynyard)駅

ダーリングハーバー周辺からも歩くことが可能です。

 

子供と一緒に歩いても15分~20分程でサーキュラーキーまで行けます。

 

我が家は、

ダーリングハーバーに17時半すぎまでいて、

そこからのんびりみんなで歩いて、

ベビーカーを押しながら移動しました。

 

ライトアップが18時からなので

ダーリングハーバー周辺に18時までいて、

そこでもビビッドシドニーを楽しんでから

オペラハウスに移動するのもおすすめルートですね。

 

 

帰りは、サーキュラーキー駅は混雑しますのでご注意を。

 

ビビッドシドニーにお出かけするのにベストな曜日は?

日曜日は、

シドニーの公共交通機関は2.60ドルで乗り放題です。

 

  • 電車
  • バス
  • フェリー
  • ライトレール

に何回乗っても2.60ドルなので日曜日にビビッドシドニーに行くと

ダーリングハーバーなど複数のビビッドシドニーをはしごする場合もお得に移動できます。

 

 

ビビッドシドニーを楽しむ服装のポイントは?

 

 

私たちがビビッドシドニーに行ったときは

昼間は気温17℃、

夜20時の予想気温は14℃でした。

 

 

かなり寒くなると思い、

ダウンジャケットや中綿ジャケットを着て、

子供は下はトレーナーを着せていきましたが

18~20時半くらいまでビビッドシドニーを楽しみましたが

これくらい着ていって正解でした。

 

昼間から行く場合は、日中は子供たちもジャンパーを脱いでしまうので

荷物が増えますが、

夜は気温が下がります。

 

私は長袖ニット(薄手)に中綿ジャンパーにストール。

夫は、半袖シャツにダウンジャケット。

子供はトレーナーにジャンパー。

 

ビビッドシドニーは日によってかなり寒い日があるので

  • ダウンジャケットまたは厚めのジャンパー
  • トレーナー
  • 長袖ニット
  • 長ズボン
  • マフラー

 

このような服装がおすすめです。

 

 

ビビッドシドニーでオペラハウスの写真を正面から撮れるおすすめ観覧場所

↑オペラハウス側からでは人の頭が入ってきれいな写真が撮れません!

 

 

サーキュラーキーを背に右側に歩き、

ロックス方面の海沿いを歩きます。

オペラハウス側ではなく、反対側に回って撮ろうという作戦です。

 

 

overseas passenger terminal sydneyの建物のシドニー湾側から

オペラハウスがばっちり撮れますよ!

 

この位置は、

ハーバーブリッジやルナパークもばっちり見えます。

 

 

現代美術館(Museum of Contemporary Art)の前もおすすめです。

 

 

 

オペラハウス側からオペラハウスの近くまで行く道はめちゃくちゃ混みます!!

ベビーカーを押して進むのはなかなか大変です。

 

それに比べると、

overseas passenger terminal sydney側は比較的空いていて

子連れでもゆっくりビビッドシドニーが楽しめますよ。

 

 

本格的に一眼レフでビビッドシドニーの写真を撮りたい方におすすめなのは、

サーキュラーキーを背に右側に歩いて行くと、

エレベーターがあります。

 

Cahill Expressway Lookoutで検索すると場所がわかりやすいです。

エレベーターで一番上に着いたら、

オペラハウスを右手に見ながら歩いていくと

ハーバーブリッジやオペラハウス両方を写真に収められるビビッドシドニーの絶景が撮れますよ。

 

そこから撮った写真がこちら。

 

 

 

みなさん、一眼レフ+三脚で本格的な方ばかりでした。

 

 

ビビッドシドニーに持っていくとおすすめなグッズ

  • セルフィー用の自撮り棒
  • 光るワンドやブレスレットなど光り物グッズ(子供用)
  • 光るクラウンやカチューシャなども
  • 赤ちゃん・子供用のブランケット
  • ベビーカー用のレインコート(防風目的)
  • ビデオ
  • カメラ

 

シドニー湾周辺は、

風が強いこともあるのでベビーカー用のレインコートを

風を防ぐ目的で利用するのもおすすめです。

 

特に赤ちゃんや子供が寝てしまった場合に備えて

厚めのブランケットを持参しましょう。

 

4歳の娘もベビーカーで寝てしまい、

ブランケットは大活躍でした。

 

ビビッドシドニーの会場では、

光る剣やワンド、

カチューシャなど子供が欲しがる光り物がたくさん売っています。

そして、もちろん観光地価格です。笑

 

しかも、ちゃっちいの!!

すぐに壊れそうなクオリティです。

 

記念だからと躊躇なく買うのもいいですが、

1個15ドル~20ドルしますので

自宅からある程度光り物を持参するのもアリだと思います。

 

Kマートで光るカチューシャや眼鏡、

ブレスレットなど2ドル~から買えますので

念のため、買っておくと節約に貢献しますよ。笑

 

 

ビビッドシドニーの公式アプリでビビッドシドニーがもっと楽しめる

 

ビビッドシドニーの公式アプリを利用すると

ビビッドシドニーのライトアップ場所までの距離を教えてくれたり

そこに何があるか見ることができて便利です。

 

 

APP Store

Google Play

からVIVID SYDNEYで検索してください

 

 

Vivid Sydney公式サイト

 

 

ビビッドシドニー(オペラハウス)周辺で手ごろな値段で食事できる場所

オペラハウスのあるサーキュラーキーやロックスはシドニー有数の観光スポット。

グルメも観光地価格です。

 

パスタが20ドル以上なんてザラ。しかも小さい…。

 

子連れにはおしゃれなレストランは入りにくい…。

 

そんなときにおすすめなのが

サーキュラーキー駅の裏にあるマクドナルドの並びにあるフードコート。

GATEWAY SYDNEY営業時間

 

 

住所は、

1 Gateway, Macquarie Pl, Sydney NSW 2000

で検索とするといいです。

 

グリルチキンのハンバーガー店OPORTO(オポルト)や

寿司ロールのお店HIROなど比較的お手頃です。

 

GATEWAY SYDNEYレストラン一覧

 

寿司ロールは3ドルくらいからありますので子供にぴったり!

オポルトのグリルチキンバーガーのシングルのセットなら10ドルとリーズナブルです。

 

 

クレープ屋さんやアイスやさんに行列ができています。

 

 

英語が苦手なら、

マクドナルドはタッチメニューでオーダーし、

クレジットカードで払えば、

カウンターで番号で呼ばれるのを取りに行くだけなので

一言も話さなくても買えます。

 

お寿司屋さんで寿司ロールを買うときは、

 

 

Can I have tuna avocado roll (please)? 

ツナとアボカドロールをください。

 

など

Can I have~? が便利です。

 

商品を指さしながら

Can I have this?

でも伝わりますよ。

 

 

 

ビビッドシドニー(オペラハウス)の混雑しないトイレ&おむつ替え・授乳ができる場所は?

 

さきほどご紹介したGate wayのフードコート内にあるトイレは

おむつ替えシートがあります。

車いす用のトイレもあるので授乳を個室でしたい場合はこのフードコートはおすすめです。

 

 

サーキュラーキー駅のトイレは激混みなので

オペラハウス側に少し歩くと仮設トイレが用意されているので

そちらのほうが空いています。

 

 

 

2018年のビビッドシドニー見どころ

nugglepot and Cuddlepie という絵本(作者May Gibbs)の100年記念イベントで

サーキュラーキー駅後ろの建物に

プロジェクターでnugglepot and Cuddlepieのストーリーが投影されています。

時間が決まっているようですが

アプリで教えてくれるのでぜひご利用ください。


 

 

まとめ

ビビッドシドニーは正直、大人は楽しめますが、

子供はつまんないんですよね…。

 

毎年、子供たちと行きますが

すぐに退屈して早く帰ろうコールで買えることになります。

 

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す