オーストラリア国歌Advance Australia Fairの歌詞を覚えておこう!と日本語訳も調べてみた

Sponsored Links

オーストラリアでは小学校は毎週のアッセンブリーと呼ばれる集会で

オーストラリア国歌=National Anthemを歌います。

このときは、親も子供も先生も全員起立!

 

3歳の娘も、歌詞がわからなくてもメロディは知ってるから一緒に歌ってます。

 

でも、私オーストラリア国歌の歌詞を知らないんですよね…

なんとなくしかわからないのもそろそろ困るので自分の備忘録としても

オーストラリア国歌の歌詞を調べてみました!

 

Sponsored Links

 

オーストラリア国歌”Advance Australia Fair”の歌詞

Advance Australia Fair

Australians all let us rejoice,
For we are young and free;
We’ve golden soil and wealth for toil;
Our home is girt by sea;
Our land abounds in nature’s gifts
Of beauty rich and rare;
In history’s page, let every stage
Advance Australia Fair.

In joyful strains then let us sing,
Advance Australia Fair.

Beneath our radiant Southern Cross
We’ll toil with hearts and hands;
To make this Commonwealth of ours
Renowned of all the lands;
For those who’ve come across the seas
We’ve boundless plains to share;
With courage let us all combine
To Advance Australia Fair.
In joyful strains then let us sing,
Advance Australia Fair.

 

 

ところどころ、子供たちが国歌斉唱しているのを聞いて単語は拾っていたけど

こういう歌詞だったんですね。

 

オーストラリア国歌を聴いたことがない方もいるかもしれませんが、

すっごくきれいなメロディなんです。

 

 

 

オーストラリア国歌”Advance Australia Fair”の和訳

ウィキペディアに日本語訳がされていましたのでそちらをご紹介します。

Australians all let us rejoice,
For we are young and free;
We’ve golden soil and wealth for toil;
Our home is girt by sea;
Our land abounds in nature’s gifts
Of beauty rich and rare;
In history’s page, let every stage
Advance Australia Fair.

全てのオーストラリア人よ 喜ぼう

我らは 若くて自由

労苦に代わる黄金の土地と 富を持つ

我らが故郷は 海に囲まれ

大地は自然の恵みに 溢れんばかり

豊かで稀有な 美しき自然

歴史のページの あらゆる舞台に

進め! 美しのオーストラリアよ

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アドヴァンス・オーストラリア・フェア

 

 

Beneath our radiant Southern Cross
We’ll toil with hearts and hands;
To make this Commonwealth of ours
Renowned of all the lands;
For those who’ve come across the seas
We’ve boundless plains to share;
With courage let us all combine
To Advance Australia Fair.
In joyful strains then let us sing,
Advance Australia Fair.

眩いばかりの 南十字星のもと

我ら 全身全霊を捧げ 働く

我らが連邦国家をば 取り分け

名だたる国と するために我ら

海を渡ってきた人々と限りない平原を 分かち持つ

勇気を持って 団結しよう

美しのオーストラリアへ進むため

美しい調べで さあ 歌おう

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アドヴァンス・オーストラリア・フェア

 

 

進め、美しのオーストラリアという意味だったんですね。

へぇ~~~~~

確かにオーストラリアは美しい国だし、

移民大国として、”海を渡ってきた人々と平原を分かち合う”という部分がやっぱり心に残ります。

 

オーストラリアに移住してくるまで

正直、オーストラリアの国歌は知りませんでした。

子供が小学校に入学して、毎週のアッセンブリー(集会)は親も見に行くので

毎週毎週聞いているうちに、

メロディは覚えたけど歌詞は知らないまま6年。

 

改めてオーストラリア国歌の歌詞や和訳を知ると

なるほどと思いますね。

 

日本の国歌の歌詞を外国人が知ったら

あまりの日本語の難しさにびっくりするだろうな~なんて思いました。

 

まとめ

子供たちはみんな歌えるオーストラリア国歌。

1984年に国歌に制定されたこの曲は、

国民の投票によって選ばれたそうなんですが、

そのとき2番目に人気だった”ワルチング・マチルダ”もよく耳にします。

 

私は個人的にはワルチング・マチルダよりもアドバンス・オーストラリア・フェアのほうが好きです。

美しいメロディが胸にしみる感じがします。

ワルチング・マチルダはまさにこういうイメージ!

ギターで弾き語りみたいなイメージです。

オーストラリアを代表とする曲だけど、

オリンピックの表彰式とかでかかるにはちょっと…田舎臭いような。

 

 

小学校のアッセンブリーでは

国歌のアドバンス・オーストラリア・フェアをピアノで弾く子供もいて本当に美しい曲だなと思っていました。

 

いろいろな場所でオーストラリアの国歌は歌われるのですが、

そのたびに公園だろうが、学校だろうが、

大人も子供も、オーストラリア人もそうでない国の人も全員が立ち上がって歌うのを見ると

Respectってこういうことなんだな~と感心します。

 

私もしっかり歌詞を覚えておかないと…

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す