オーストラリアの健康診断!メディケアで無料で受けられる目の検査&血液検査

Sponsored Links

オーストラリアには日本のように会社で健康診断をやってもらえることはありません。

自治体単位でのがん検診などもありません。

でも、メディケアで無料で受けられる健康診断はあるんです。

 

永住者(PR)などMedicare(メディケア)資格のある人限定になってしまいますが、

オーストラリアで無料で受けられるヘルスチェックをご紹介します。

 

ハロー★さとみんです。

 

オーストラリア移住して不安なのは医療のことでした。

医療の質は不安はありませんが、日本のような国民健康保険はないので

基本、プライベートは実費だしその金額は半端ない!

頼みの綱のメディケアはすべてが無料ではありません。

 

メディケアでカバーされる健康診断にどんなものがあるかチェック!!

 

Sponsored Links

 

オーストラリアのメディケアでカバーされる無料の健康診断はこれ!

どの健康診断(ヘルスチェック)が無料ですよ~という情報は

自分で情報を探しに行かないとわからないというのが実情です。

 

夫婦ともにオーストラリアで育ったり、ここに家族がいるわけではないので

オーストラリアの医療システムは全然わからなかったんですよね。

 

友達の口コミなどで聞いたり、GPに聞いたりして健康診断に関する情報を得ています。

 

永住権(PR)保持者が加入できるメディケアで無料でカバーしてもらえる健康診断は以下のものです。

これがすべてじゃないとは思うのでもしほかに情報をお持ちでしたらぜひ教えてください。

NSW州だけなど、もしかしたら州ごとに違うかもしれませんね。

 

 

がん検診に関しては先日の記事でもご紹介しましたが、

  • 2年に1回のPap smear(子宮頸がん検診)
  • 2年に1回の大腸がん検診(50歳以上)
  • 2年に1回のマンモグラフィ検査(50歳以上)

 

一般的な健康診断に関しては

  • 2年に1回の眼検診(子供も含む)
  • 半年に1回の血液検査

 

 

こちらの記事もCheck!

 

 

 

目の検査(Eye check)ならここがおすすめ!!

目の検査、Eye checkに関してはGPではなく眼鏡を作るお店でチェックするんです。

Optometrists というサインがあれば目の検査が受けられます。

私はSpecsaversで受けています。

 

画像参照:https://www.specsavers.com.au/eye-health

 

多くのショッピングモールに支店があり、オンライン予約も可能です。

オーストラリアに300店舗ほどあるそうです。

 

いろいろなお店で目のチェックは受けられるんですが、なぜ私がSpecsaversを選んだかというと

Free Digital Retinal Photographyを撮ってもらえるということ。

目の写真ですね。

ほかのOptometristsではオプションに入っていないところもあるのでSpecsaversいいですよ!!

 

 

そして、SpecsaversはBulk billed(支払い不必要)であること。

医療機関やお店によってはいったん支払いをしてあとからメディケアから返金されるところもあります。

でも、その返金手続きめんどくさいですよね。

だから最初からお金を支払う必要がないBulk billed(バルクビル)を私は選ぶようにしています。

 

さらに、コンタクトレンズの購入が比較的リーズナブルなのでSpecsaversおすすめ!

私はメガネ&コンタクトレンズ使用者なので

メガネの処方箋やコンタクトレンズの処方箋をアイチェックの時に一緒にもらっています。

無料です!!

 

その処方箋で日本でオンライン通販で眼鏡を買っています。

オーストラリアの眼鏡、高い!!

かわいくないし・・・

 

Specsaversでの目の検査は全部無料!!

30分ほどかかります。

 

2年に1回なので最初にSpecsaversで受けると、次からはリマインダーのレターが届くようになります。

 

 

SpecsaversでEye checkの詳細を見る

 

 

 

子供の目の検査はオーストラリアではどうなってる?

4歳になるとプリスクールで目の検査が無料で実施されます。

Lazy eye(斜視)がないかなどチェックしてもらいます。

 

そのあとは、学校での視力検査などはありません。

親が自分で子供を目の検査に連れていく必要があります。

 

子供も2年に1回のEye checkはメディケアカバーなので

私はKindergartenに入学したときに1回、その後は2年に1回子供の目の検査をしています。

 

うちの上2人はKindergartenの時点では

Long-eye-sightedだといわれましたが、この年齢の子供では多いらしいです。

その後だんだん普通になるといわれ、長男が小学校3年生で受けた検査では確かに問題なしでした。

 

子供の目の検査も大人と一緒に2年に1回受けましょうね!!

メディケアで無料で受けられますから。

 

 

 

オーストラリアの血液検査について

つい先日私も受けてきました。血液検査。

GPで、ヘルスチェックのためのGeneral blood testが受けたいといえば、

メディケアカバーで受けられます。

 

その検査で異常が見つかると再検査や詳しい検査がたいていメディケアカバーで受けられます。

私は以前肝臓の値がよくなくて、

再検査、再々検査、再々再検査され、

超音波検査を受け、さらにはスペシャリスト(プライベート)に紹介され15分の面談で200ドルと

なかなか大変でした。

途中まではメディケアカバーされるけど、スペシャリストになると高いです。

本当に高いです。

 

それから2年くらいしてやっと肝臓の値がよくなってきました。

脂肪肝の可能性があるなどいわれましたが、

どうもウイルスなど何かの感染にかかってたらしいです。

 

 

General blood testで調べたのは

  • ALP
  • GGT
  • LD
  • AST
  • ALT
  • TOTAL PROTEIN
  • ALBUMIN
  • GLOBULIN
  • CHOLESTEROL
  • TRIGLYCERIDES

 

Fasting(ファスティング)といって飲食なしで検査を受ける血液検査なので

朝ご飯を食べずになるべく早い時間に行くようにしてます。

 

GPで血液検査の紙をもらい、それを専門機関(Pathology)に持っていき血液検査をしてもらいます。

結果はGPで聞くというかたちが一般的。

 

肝臓でひっかかったときは血液検査の結果がA4ペーパー4枚分でしたが

それでもメディケアカバーされましたよ。

4本くらい血を抜いたのでかなり詳細に検査してもらえました。

 

半年に1回の血液検査はメディケアで無料で受けられるので

定期的に自分の健康をチェックしておきましょう。

 

 

まとめ

定期的な健康診断以外でも、

なんらかの症状があっての検査の際はメディケアカバーで無料で受けられることがほとんどです。

 

オーストラリアでは親切にいろいろな情報を提示してくれるわけではなくて

自分からどんどん情報を仕入れにいかないと!!という感じなのでわからないことなどは

どんどんGPに聞いてみましょう。

 

オーストラリアに移住するとき、

いろいろと不安になりますが、実際に暮らしてみると少しずつわかってくることも多いです。

友達からの口コミ情報はとても貴重ですし、

このGPがいいよ!という情報はぜひキャッチしてくださいね!!

 

また追加情報を見つけたらアップします。

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す