オーストラリア公立歯医者で無料で子供の歯科検診・治療する手順

Sponsored Links

 

 

オーストラリアといえば、

歯医者がめちゃ高い国です。

 

でも、実は子供が公立の歯医者で歯科検診を受ける方法があるって知ってました?

何歳から何歳までは無料だと決まっていたり、

条件があるのでぜひチェックしてみてください。

もちろん虫歯の治療も無料で出来ますよ。

 

大人も条件を満たしていれば無料で歯科検診や治療が無料になります。

 

オーストラリアの歯医者さんには、

プライベートの私立と、パブリックの公立があります。

パブリック(公立)は無料ですが

プライベート(私立)は何百ドル、何千ドルかかることも…

 

 

こちらの記事もCheck!

 

 

我が家では、

子供の歯科検診はパブリック(公立)とプライベート(私立)を

組み合わせています。

 

意外に知られていない子供の歯科検診をパブリック(公立)で無料でやる申し込み手順を

ご紹介しますね!

 

Sponsored Links

 

オーストラリアの公立歯医者で子供の歯科検診&虫歯治療を無料でできる!申し込み方法

 

今回の公立の歯科検診は

私が実際に経験したのはNSWの歯医者です。

 

申し込み先などは、NSWのものですのでご注意ください。

 

 

無料で歯科検診や治療が受けられるのは、下記の条件の人です。

ビジネスビザや学生ビザに帯同してきた子供は含まれません。

オーストラリアの公立歯医者で無料で歯科検診&治療が受けられる人の条件

  • メディケア保持者であること=永住権または市民権保持者
  • 18歳以下のすべての子供(メディケアカード保持者)
  • Health Care Cardを持つ大人
  • Pensioner Concession Card を持つ大人
  • Commonwealth Seniors Health Cardを持つ大人

 

 

オーストラリアの公立歯医者で歯科検診や治療を受ける際には、予約が必要です。

 

オーストラリアの公立歯医者の予約の仕方

1.電話をして予約する。

自分の住所の管轄内の連絡先に電話をしてまずはウェイティングリストに名前を載せます。

 

 

画像参照:http://www.health.nsw.gov.au/oralhealth/Pages/contacts.aspx

 

 

上記のNSWの公立デンタルサービス詳細(英語)

 

 

2.該当の公立歯医者から電話または手紙で連絡が来るので電話をして予約日時を決める。

 

3.メディケアカードを持参して受診する。

 

 

その後受診する際はまた1からの手順をやり直す場合と

該当の公立歯医者から手紙や電話で予約日時を決める連絡が来る場合があります。

受診した際に、次は半年後、1年後など指示があれば

どのように再度、予約を取ればいいか確認してください。

 

 

オーストラリアの公立歯医者のウェイティング期間の長さは?

今までの経験で行くと、

4か月ほどが最長です。

 

だいたい2か月ほどのことが多いです。

 

ただし、緊急の場合、例えば歯が痛い、歯が折れたなどは

かなり迅速に予約を取ってくれます。

 

 

実際にオーストラリアの公立歯医者で歯科検診&虫歯治療した感想

長男が2歳のときにオーストラリアに来て最初は知りませんでしたが、

なにかのきっかけで永住権保持者や市民権保持者の子供は、

無料で歯科検診が受けられると知って以来

もう何年もお世話になっています。

 

下の子たちは2歳になるちょっと前に最初の検診をして、

その後は、歯医者さんが

ちょっと気になるから次は半年後ね

問題なしだから、次は1年後ね。

と次の予約時期を教えてくれます。

 

そのころになると

電話が来て予約の日時を決めて、受診するという流れですが

時々電話がつながらなかったからという理由で予約を促す手紙が来ることもあります。

 

この前、初めて公立の歯医者で6歳の娘が虫歯が見つかり

影が見えるから、

1.レントゲンを撮って、虫歯なら今、治療するか

2.半年待ってみる

どちらにする?と言われたので

 

レントゲンを撮ったら、やはり虫歯で、すぐにその場で治療しました。

もちろん、全部無料!!

私立でレントゲンを撮ったら100ドルくらいはすると思うので

公立の歯科検診で見つかって助かりました。汗

 

 

 

おかあさん、 いい選択だったわねと言われましたが

基本的に、親が決めるんですよね。

どうするかを。

 

半年待つ間に虫歯が大きくなるよりは

レントゲンを撮ってはっきりさせようと思ったのが正解でした。

日本で1か月過ごす間にかなり甘いものを食べていたので心配でしたが

虫歯になってしまいました。

 

直近では、9歳の息子が検診に行き、

歯石取りとクリーニング

一番奥の歯の溝が深いため、磨き残しや虫歯になることを防止するための

シーラントという溝を埋める処置をして、

さらにフッ素塗布をしてきました。

20分ほどの診察で、もちろん無料

 

毎回、私はこの公立歯医者での検診は大満足です。

 

 

オーストラリアの公立歯医者で無料でできることは?矯正は無料?

 

公立の歯科検診では、

  • 虫歯のチェック
  • クリーニング、歯石取り
  • シーラント(奥歯などの溝の深いところを一時的に埋める処置)
  • フッ素塗布
  • 矯正のアドバイス

を無料でしてくれます。

 

 

残念ながら歯の矯正は対象外なので

自分で矯正をしてくれる歯医者を探して自費ですることになります。

プライベート保険でカバーがでる保険を契約してあれば全額自費ではないかもです。

 

 

 

オーストラリアの公立歯医者とプライベート歯医者をうまく組み合わせるとGOOD

オーストラリアの公立歯医者は、

半年に1回、または1年に1回の検診になることがほとんど。

特に問題がない場合は、12か月後に再診ということが多いです。

 

 

1年に1回では不安なので

最低でも半年に1回ずつになるようにプライベートの歯医者と組み合わせて利用しています。

 

プライベートの歯医者は半年に1回ずつ歯科検診をして、

6歳臼歯の虫歯予防のシーラントをしたりしています。

公立歯医者でもできますが、必要であれば…というスタンスなので

こちらの希望でシーラントをしてほしいと言っても

歯の状態で必要でなければやってもらえないので。

 

プライベートの歯医者の費用などはまた別記事にしますね。

 

 

オーストラリアの私立の歯医者は超高額なので

虫歯にしないことが一番大事!!

 

日本滞在中に甘いものをたくさん食べましたが

オーストラリアのほうが子供のおやつに関してはコントロールしやすいです。

おまけ付きのお菓子なんてほとんどないし、

ポケモンやアンパンマンなどのキャラ付きのお菓子もありません。

 

今回、日本滞在で虫歯になってしまったので

次回の日本ではよ~く気を付けないと…。

 

私立の歯医者では、本当にあっという間に300ドルなんてことはザラですから。

毎回、歯医者がドキドキするので

子供の歯科検診や虫歯治療は公立の歯医者を利用するのもおすすめですよ!!

 

 

 

まとめ

待ち時間を気にしなければとても快適に利用できるオーストラリアの公立歯医者。

手順は基本、電話だけなのでぜひ早めに申し込んでみてください。

本当にすべて無料でびっくりします。

 

できればプライベートの歯医者と組み合わせて使うとなおよいと思いますので

ぜひ利用してみてくださいね!

 

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す