オーストラリアの小学1年生&プリスクールのランチグッズ選びコツ

小学1年生とプリスクーラーにぴったりのランチグッズ、 お弁当箱や水筒の選び方はバッチリですか? 長女が小学1年生になり、 次女がプリスクールにあがる今年。 ここ1か月ほど ランチボックスをあれこれと探しています。 三児の母、すでにプリスクールに通うのは3人目。 子供たちが使いやすい ランチ用のお弁当箱、 モーニングティー

続きを読む

オーストラリアIT系の転職に日本語は有利?日本人向け求人は?

夫が2017年10月頃から転職活動をして いくつかの会社を受けていましたが、 その中に”Japanese Speaker"という条件の会社がありました。 今日は、今までのIT系の転職活動で 日本語、英語、中国語などのバイリンガル・マルチリンガルは 転職に有利だったのかなどの体験談です。 ITの日本人向けの求人があると 日本からオーストラリア

続きを読む

夫がオーストラリアで転職し退職!退職届はメール?何週間前に出す?

あけましておめでとうございます! 2018年もよろしくお願いします! 夫が昨年末で退職しました。 会社内転職などもあり結果的には7年勤務した会社を退職し、 2018年から新たな職場で働き始めました。 退職届を提出した際に、 英語での退職届ってどんなものなのか とても興味があったので もしかしたら、オーストラリアで転職をされる方の参考に

続きを読む

シドニーQVBスワロフスキークリスマスツリー高さは?飾り何個?

毎年、クリスマスの時期になると CityのQVBのクリスマスツリーを見にいきます。 クィーンビクトリアビルディング(QVB)は 世界で一番美しいショッピングセンターだと言われますが、 本当に美しい。 そこに、クリスマスの時期に登場する スワロフスキーのオーナメントが飾られたクリスマスツリー。 クリスマスにシドニーへ遊びに来たときは ぜ

続きを読む

夫のオーストラリアでの仕事探しから就職・転職決定までの期間は?

オーストラリアで就職活動、仕事探しをして 仕事が見つかるまでの目安の時間ってどのくらい? 私は、今から約7年前、それがとても知りたかったです。 うちの夫は、大学卒業から数えると 就職活動は4回はしています。 日本で3年半東京で働いたあと、 日本の仕事を退職し、 無職になってオーストラリアに単身で渡豪。 もしも、仕事が見つからな

続きを読む

日本生まれの子供のオーストラリア市民権取得後豪パスポート申請体験談

日本生まれの息子は2歳でオーストラリアに移住。 2016年に夫がオーストラリア市民権を取得するときに 息子も一緒に申請に2人一緒にオーストラリア国籍を取得しました。 オーストラリアの永住権の夫婦の下で日本で出産をすると オーストラリア国籍はもらえないんですよね。 これが、永住権の夫婦でもオーストラリアで出産すれば オーストラリア国籍がもらえるんですが。

続きを読む

年々厳しくなるオーストラリア永住権!取得後はキャリアチェンジ?

年々厳しくなるオーストラリアの永住権取得。 条件もコロコロ変わりますし、 永住権の取得をする職業リストも毎年変わります。 英語力も考慮されるようになり、 住みやすい国、オーストラリアへの永住・移住を夢見る人にとっては 永住権取得は簡単な道ではなくなってしまいました。 今年通用するオーストラリアの永住権の条件が 来年はまったく変わっているかも

続きを読む

オーストラリアで仕事探し&就職活動!登録すべき求人サイト8つ

オーストラリアの就職・求職・転職で欠かせないのは、 求人サイト。 ほとんどの求人サイトは、 登録しておくと 自分に合った条件の求人があるとメールで通知してくれるサービスがあったり、 自分の履歴書を登録しておくと、その履歴書を見て スカウトの連絡が来ることも!! 外国人である日本人が オーストラリアで仕事探しをするときには、

続きを読む

オーストラリアの求職・転職事情!30代40代でキャリアアップ

オーストラリアの求職・転職事情って 日本とはまた違うなと感じているこの頃。 なぜなら、うちの夫がオーストラリア移住後 6年で3回目の求職、2回目の転職にチャレンジ中だから。 うちの夫は、IT系ですが、 会社の中でも辞めていく人は多いようです。 仕事が嫌で辞めるというよりは、 もっといい給料や待遇、キャリアアップを求めての転職ですね。

続きを読む

オーストラリア移住後3年はホームシック!日本に帰りたい!後悔?

オーストラリア移住を迷っている、考えている人にとっては、 実際にオーストラリア移住をした人が後悔しているか、 オーストラリアに移住してよかったと思っているのかが 気になるところだと思いますが、 私は、オーストラリアの移住した最初の3年は ホームシックで日本に帰りたい!と思う日々でした。 オーストラリアに住む、出産、子育てをするという決断を 本当にこ

続きを読む